主婦がキャッシング審査を受けた場合の限度額

パート主婦の人でも、パートやアルバイトで収入を得ていれば、基本的にはキャッシングを利用できます。
法律では、主婦の人は家事や子育てで夫の収入を支えているので、夫の稼ぎの半分は妻の手柄であると考えられているようです。
銀行や貸金業者がどのような判断をするかは、独自の判断となるので不明ですが、独身でパートやアルバイトで同じ年収を得ている人と比べると、有利になる可能性はあります。

パートやアルバイトをしている人の場合は、本人の属性だけでカードローンを借りることができます。
その場合の限度額は、特に制限はありません。
しかし、20~30万円程度になる可能性が高いと思われます。

専業主婦の人は、本人は働いていないので、夫からもらえる小遣いなどをあてにして、借金をすることになるでしょう。
消費者金融では、夫の同意書がなければ借りられないようになっています。
また、大手の消費者金融などでは、夫の年収などを確認しなければならないため、手間や時間がかかるという理由で、専業主婦への融資は断ることが多いようです。

銀行や信用金庫のカードローンでは、専業主婦向けの商品が用意されていることもあります。
限度額は最高でも50万円と設定されていることが多いようです。
本人が働いていないケースでは、延滞をせずに利用を続けて良好なクレジットヒストリーを築いていったとしても、限度額を50万を超える金額にすることは難しいでしょう。

体験談などを読んでいると、主婦の人はむしろローン審査で有利になるとも考えられます。
同じパートやアルバイト、無職でも、結婚をして家庭を持っており、家事や子育てで夫の仕事を支えているという点で、社会的信用があると判断されやすいのでしょう。
信用金庫のように地域密着型の金融機関では、相談をすることで低金利のカードローンが利用できる可能性も高くなるかもしれません。
信用金庫は営利が目的ではなく、地域社会への貢献などを目的としているので、困った時には相談をしてみましょう。