家庭の主婦も総量規制の対象外ならキャッシングが可能

カードカードローンはお金の使い道が自由になる、利用限度額の範囲の中で繰り返し現金を借りる事が出来ると言う魅力があります。
更に、現金を借りる時に必要となる保証人や担保が不要になるため、即日融資を受ける事も出来る、急にまとまった現金が必要になった時など役立つ存在になってくれる魅力的なローン商品です。
消費者金融の場合には、年収の3分の1未満と言う総量規制がありますが、自ら収入を持たない専業主婦の場合でも、例外貸付けを利用する事で借入も可能なケースがあります。

大手の消費者金融などの場合、例外貸付けを行っていないので専業主婦の人が利用出来ないケースもありますが、銀行や信用金庫と言うのは総量規制の対象外になっているため、利用出来るケースが多いのです。
尚、貸し付けを可能にするための条件と言うのは、配偶者に安定した継続収入があると言う事であり、配偶者が年金受給のみの場合、在るバイトなどでの収入以外であれば、借入を可能にしています。

但し、注意をしなければならない事は、専業主婦は自らの収入がないので配偶者の収入を利用して返済を行って行くので、配偶者との相談を行うなど、承諾を受けた上で申し込みを行う必要があると言う事です。
因みに、カードローンの申し込みは、平日だけではなく土日や祝日でも可能にしている銀行が多くなっていますが、貸し付けを受ける場合には、申し込みを行い審査に通過する、そして契約を交わす必要があります。

インターネットで完結出来る銀行などは多くありますが、即日融資を受ける場合には、何時までに契約を完了すれば良いのかを情報サイトを利用して調べておくのが良いでしょう。
銀行の場合は、営業時間が午後3時までになるので、営業時間が終了する前に契約までを完了しておけば即日融資を受けるチャンスも出て来ます。

家計の足しとして利用することも出来るカードローンはお金の使い道が自由になる便利な個人向けローン商品です。