「主婦がキャッシングを利用する条件」とは

主婦カードローンやキャッシングに関して言えば、「最短即日で融資を受けることが出来る」「契約条件が比較的ゆるい」と言った特徴があります。
その為、急にお金が必要になってしまった場合や銀行からの融資を受けることが難しい場合などによく利用されていますが、いずれも「働いて収入を得ている本人」が対象となります。

そもそも、各社共に設定している申込み条件の中には、「本人に安定した収入があること」という一文が明記されています。
収入があると言うことは、その収入が返済能力を証明する担保としての機能を果たしてくれるため、担保や保証人を必要としないローン契約においては非常に重要な要素となります。

と言うことは、単純に考えて「収入がない人は審査を通過できない」と言えるわけですが、「主婦」に限定する場合には収入がない状態でも契約できる可能性があります。

「アルバイト・パートでも申込み可」という条件を設定しているところは多く、主婦であっても何らかの手段で収入を得ている状況であれば通常通り申込みすることが可能です。
その際、自身が得ている収入に対して適切な範囲内で融資枠が設定されることになりますが、総量規制対象となる場合に関して言えば「年収の1/3まで」という具体的な上限が設定されることになります。

その為、アルバイトなどで年収100万円を得ている主婦の場合であれば、その1/3に当たる33万円程度の融資枠までは期待が持てる訳ですが、実際にはもう少し少ない金額で契約することになると考えていた方が良いでしょう。
もし、一般的な正社員並みの収入を得ていれば大きな借り入れをすることも可能ですが、アルバイトやパートの場合は年収が多くともある程度の上限があると言うことを覚えておくようにしましょう。

また、「配偶者貸付」という制度を活用することによって、専業主婦でも特例的に契約できる可能性があります。
主婦にのみ許された特例措置であり、配偶者に内緒で契約することも出来る便利な方法です。
ただし、配偶者の同意を書類として提出しなければいけない場合もある為、そういった条件が無いカードローン業者を選んで申し込みをすることが大切です。
その際、不安な場合は体験談などを参考にすると安心して申込みしやすくなります。