専業主婦が即日キャッシングする方法

主婦まず最初に覚えておかなければいけないことは、「本来であれば専業主婦はカードローン契約をすることが出来ない状態である」ということです。
各社ごとに具体的な条件は異なりますが、全てにおいて「本人に安定した収入があること」が申し込み条件になります。
ここで注目すべき点は「年収があること」だけではなく、「安定していること」という部分です。
仮に年収に10倍の差があったとしても、月々安定した額が入ってくる人と不定期に年数回程度しか入ってこない人では、後者は契約出来ない可能性が高くなります。

と言うことは、そもそも年収0の専業主婦は契約自体が出来ないと言う解釈になってしまう訳ですが、この場合に関しては特別に契約できる可能性が残されます。
その理由は「配偶者の存在」で、「本人が働かなくとも生活が成り立っている」という状態が一種の信用情報として活用されます。
とは言え、本人自身は年収が無いので返済能力自体が無い訳ですので、契約自体は本人だったとしても「実際の契約者は配偶者」という状態になります。

申込みの段階で配偶者の同意を書類で提出しなければいけないこともあるので、内緒で利用することを希望している時は同意書の提出が不要な商品を選択することが大切です。
消費者金融系は総量規制の対象になるので内緒で契約出来ないことが多いですが、みずほ銀行など「銀行系」であれば総量規制の対象外となっているので同意なしでも契約できる期待が大きくなります。

ただし、「即日融資」を希望する場合には事前に対応しているかどうかの確認が必要になるだけでなく、審査申込みのタイミングについてもしっかりと意識しておくことが必要です。
もし、すでに即日融資が利用できない状態で申し込みをしても希望が叶うことは無いので、必要性が高ければ高いほどそういった点の確認をしっかりとすることが重要になります。

専業主婦の場合はあくまでも配偶者の信用を借りる形での契約となる為、「設定される融資上限が通常よりも低くなりやすい」という注意点があります。
具体的な金額は状況によって変動しますが、一つの目安とされている金額は「30万円」ということも覚えておきましょう。